2009年11月 アーカイブ

2009年11月07日

時は金なり・・・Time is money$$

世界的な不況の影響で、新しく社会に羽ばたく卒業生の就職活動が非常に難しい・・と、ドヨ~ンとした状況の昨今です。

我が家にも、新社会人予定者が居りまして。

この人,専門学校(デザイン関係)に通学しています。

来春、卒業前に、就職を決めたいと、色々調べているようです。
自分の専門分野での 求人がなかったり・・etcの事情で、模索している様子です。

私はといいますと、『高見の見物』を決め込んで、「踏ん張れ!若者」と眺めています。

彼は、受験に向けて発進しています。


が!
奴さんに立ちはだかるものが・・(^皿^)b

彼は、これまで何度か、遅刻を繰り返し 受けていない講義があったんですねぇ~

その付けが回ってきまして、『補講』を受けないと、校長からのハンコをいただけない!!
さらに、『補講』を受けるには、一回・¥500の受講料が発生し、総額¥7,000必要ですと(^▽^)
(いえいえ・・決して私は、楽しんでいないですよ♪)


頭を、抱えている息子。
容易に、私の財布が開かないことは、百も承知!
支払い期限日設定の借用書を準備して、厳かに補講料を納めにいった息子。

ほほほ・・(別な意味で), $Time is money$ が身に滲みたことでしょう。
(^▽^)/~~

時間は、大切に使いましょう(^v^)b

123.JPG
清武町加納<桜渕モデル>~そらにわの家~の外観です。

    U(^ェ^)Uたがみ(^仝^)

2009年11月10日

メンドリママの「OM1年生」~11月・せんぐまき編~

宮崎市内の小さな団地に建つ我が家。
この小さな団地の中にはすでに5件の宮住さん作の家が建っております。
昨年、我が家が地鎮祭をした時には、まだ周囲に一軒の家もなく、
草の生い茂る原っぱのようだったのに…


宮住さん以外のメーカーの家も含めると10軒くらい建っていて、
そのほとんどの棟上げ…というかせんぐまき…に参加しているためか、
うちの4歳の息子は、せんぐまき慣れしています。
宮住さんのせんぐまきは特に素敵。
担当営業さんが口上のようなものを上で叫ばれ、下から見ている私たちも
合の手を声掛けしたり拍手で盛り上げたりするのですが、それにも普通になれてきて
一緒に「オメデトーゴザイマース」とか「セングセング~」とか言う息子の姿は
日本男児っぽくてなかなかいいですよ。


思い返せばほんの一年ちょっと前に、地鎮祭や棟上げをした我が家。
この二つの行事というのは、家が完成して鍵を手渡されたとき以上に
感動しました。
長い間の紆余曲折を経てお金の工面や土地探しが整い、「ここに我が家が
建つんや!」というイメージを膨らませる「地鎮祭」。
骨組みが出来上がって、ご近所のみなさんの顔を知る機会ともなる「棟上げ」。
親兄弟が久しぶりに集まって食事をしたり「ついにうちの子も一国一城の主か…」と
親が喜んでくれたりする姿を見れるのは、家を手に入れるのとはまた違った喜びです。

30代中盤の私たちの世代で家を建てる人は多いようで、私の仕事仲間の間でも
昨年はちょっと新築ラッシュでした。個人個人でハウスメーカーや建築事務所の人との
つながりをもち、オーダーで建てる人が多かった中、私はある知人に
「建売住宅を買おうと思うんだけど、どう思う?」と質問されました。
その時私は迷わず「面倒くさいと思わないなら、建売ではなくて自分でゼロから考えて
建てるのをすすめる!」とアドバイス。

「土地を探して、契約のハンコを押すドキドキや、銀行に行ってお金の工面をする苦労、
素材の一つ一つを選んだり決めたりする中でかわす夫婦の会話、大工さんの仕事風景、
そして、地鎮祭や棟上げという、日本の風習を体験すること。同じ大金を払うなら、
こういうことを経験するのは今後のネタになるよ、絶対!」…と私が熱く語るのを聞いて、
その知人はほぼ決定していた建売住宅購入案を白紙に戻し、オーダーハウスを造ることを
決意したそうです。
 
家。
人生最大の買い物です。
たくさん悩んでたくさんこだわってたくさん感動してたくさん経験する。
それだけの価値のあるお買い物にしたい方は、ぜひ宮住さんにご相談ください。
そしてできることならこの団地のまだ空いている土地に、宮住さんの家を建ててほしい!

またあのかっちょいいセングマキに参加させてもらいたいのです…。

本日は都城でした。

 朝から、雨で・・・。結構降りましたネ。
雨の日の外回りは中々億劫なものですが、
本日は都城市まで出かけました。
 国道269号で青井岳をぬけるルートです。
田野町から山越えになりますが、いつも、あの
「杉」の山に圧倒されます。
   よく、あんなに高い所まで植林したものだと。
   又、切り出す事は考えなかったのかと。
   又、下から植えたのか、上から植えたのかと。
   又、こんなに沢山の苗木はどこから持ってきたのかと。
   又、何を夢見て、頑張ったのかと。

 半端じゃないです。


 青井岳の温泉近くだけ、雑木山がみえますが、少し紅葉が
始まってます。
 「緑の杉山」これも、自然でしょうか?。
見渡すと、もう、伐採の時期がきているように思いますが、
これから、これはどうなるのでしょうか・・?。
 見届けるには、・・・・・・。

でも、石油に頼った私たちより、エコなのは確かです。

 などと、とりとめもなく・・・思いながらの運転でした。


                        by  ひらはら

2009年11月12日

ご存知でした?

我が家の働き者は、炊飯器です。
毎日、毎日、9合のご飯を炊き上げてくれます。(いつもありがとう♪)


大学生と、専門学校生と、高校生の3人の息子が 弁当を持って通学します。

(見るだけでゲップがでそうなくらい )大きな弁当箱3つに、ご飯やおかずを詰めて、それから、彼らの朝食をこさえて(朝ごはんだけは、遅刻をしてでも、食べさせたい!)・・・と、私の朝がスタートするわけです。


少しでも、(たとえ、5分でも、)長く寝ていたいので、起きたら 時間との闘いです!

バタバタと、食事の支度をしながら、私自身 化けたり・・・の準備があります。

そんな中、(当然のことですが)失敗もあります。
先日も、煮物をしているときに油断して 厚揚げが化石みたいになってしまいました。
厚揚げのみならず、鍋まで こんがり(@@)です。
水を張って クッキングヒーターにかけて 焦げを浮かそうと試みましたが、頑固にくっついて取れそうにありません。
時間を置いたら いいかも♪・・とその朝は、鍋をそのままにして 出勤しました。


帰宅後、鍋を見ますが なんら変化はありません。
考えた末、『一石二鳥』とばかりに、そのこげ鍋で、ゆで卵を作ることにしました。
卵といっしょなら、もしかしたら 焦げも剥離するかも知れない~(^v^)bと勝手に期待して。


ゆで卵が、できました。
が、
こげ鍋は、そのままです。

私は、あきらめて、卵の殻をむいていました。


!!☆!☆そのとき、ヒラメイタノデス!!(ひらめくのは 得意です!)☆


私は、むいた殻で、頑固な鍋のコゲをこすってみました。
すると!
なんと!

卵の殻が 黒く変色していったかと思ったら!
コゲたちが あっさりと,いとも簡単に,鍋から剥がれていくじゃぁ あ~りませんか(@@)

すごい~\(´▽`)/ ('ー')ジ~ンときましたね。
目前の霧がスッと 晴れていく感じ・・

しかも 鍋の底は キズ付いてないんです(゜0゜)  2度ビックリ!


びっくりするやら、嬉しいやらで 家中の人間を集めて 私は、延々と(今みたいに)コトの次第を語って聞かせました。

私の熱い語りが終わった頃に一言
「よかったね~」とか「おつかれ~」と 散っていく息子たち。


・・・・に混じって母がぼそっと、「その話、TVで聞いたことあるョ」ですって~(´○`)

発見者として、「ためしてガッテン」の気分でしたのに・・・

周知のことだったなんて・・・・


台所との付き合いは長いです。
どんなに熱いご飯でも おにぎりを作る時間の速さや形には、自信があります。

知らなかったことが、ちょっとショックでしたけど、わかってよかった(^v^)(^▽^)

これから、鍋を焦がしたら、クレンザーでも、研磨剤でもないですよ(^0^)b

みなさん!!卵の殻ですー 自然の研磨剤で、よろしくです~

%E3%81%9D%E3%82%89.JPG

写真は、11月14日(土)15日(日)にOPENいたします
清武町・加納~桜渕モデル~「そらにわの家」の照明です。

(^ェ^)たがみU(^×^)U

2009年11月18日

久しぶりのいい天気・・・青空大会

最近の天気は、ぐずつく・・・と言うよりも 高速道路を閉鎖したり、冠水騒ぎを起こしたり・・予定が流れたり(公私共に・・・)ちょっと、厄介な雨の日が続いていました。


ですが、今日の空の青いこと\(´▽`)/

現場の写真を写そうと、カメラを持って会社を出ました。
(昨日、この絵が欲しかったのよね~)などと、思いながら建物の内外をパシャパシャと写していました。

青空は、いいですね~
沿道から見えるほとんどの住宅や、アパートのベランダには、洗濯物や、お布団などが干されて
「今日のお布団,,ホカホカ~♪」・・なんて声が聞こえてきそうです。

・・・ということで、『青空大会』です。

最近、撮影しました 現場関係の青空写真を集めました。


s-4.JPG


清武町 クリーン池田台団地で行われました K様邸の地鎮祭の青空


s-3.JPG


宮崎市 虹ヶ丘での、Y様邸の上棟式の青空


s-2.JPG

宮崎市恒久の弊社モデル[Bianco]の青空

s-1.JPG


本日、写したての 清武町桜渕(さくらえん)モデル~そらにわの家~の青空
今週末21日(土) 堂々のOpenです。
皆様のご来場をお待ちいたしています。


・・どの「青空」も、深くて いつまでも見上げていたい空でした。


   U(^×^)Uたがみ(^仝^)(^ェ^)

ページの先頭に戻る

Copyright (c) Miyazaki Jyutaku Kensetsu Co.,Ltd. All rights reserved.