2010年06月 アーカイブ

2010年06月07日

手紙

みなさま

「手紙」

最近書いてますか?

ここ数年。友達への年賀状なんか、「メール」になってしまっていて、
そんな中年賀状がハガキで届くと、
とても嬉しく感じたりします。

最近私は、
「文通」をしています。

相手は、お客様の一人なのですが、
現在大阪に住まわれていらっしゃいまして、
プランから竣工までずっと
メールや郵便でのやりとりが主となっています。

このお客様からの手紙が
私の宝物になっています。

自慢もかねてブログに掲載したいと思います。

見てください。
%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%88%E3%83%AB%E5%AE%9B%E5%90%8D.JPG

ある日届いた手紙。
なんと、小さなペットボトルの中に入ってるんです!

中には巻物の様にくるくる巻かれた手紙が入っていました。

ちゃーんと切手も貼ってあるんです。
%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%88%E3%83%AB%E5%88%87%E6%89%8B.JPG

こんなして、手紙を送ることができるなんて、
知らなかったーーー

その他の手紙も、
%E5%B0%81%E7%AD%92.JPG
いつもこんなに素敵な手作り封筒に入っていて、
その絵は、季節を感じさせてくれるものばかり。
感じる四季は、
寒い冬、じめじめした梅雨、

じゃなく、全部暖かく、うきうきさせてくれるものばかり。

そして・・・

%E5%B7%BB%E3%81%8D%E3%82%82%E3%81%AE.JPG
じゃーん

これはすごい!

まさに巻物!

文章は家のことはほんの少しで
季節の言葉や、豆知識。
梅ジュースのレシピや、健康法なんか。

それぞれがイラストやシールで
かわいく分かりやすく表現してあって、
ほんと読んでてわくわくするんです。

手紙が届くのが待ち遠しくて、
返信を書いてるような、
そんな「打ち合わせ」ならぬ
「文通」なんです。


私はと言えば、
そこそこ手紙は書くのですが、
母や姉とケンカした時の
「すみません」の手紙ばっかりです。

言葉で伝えようとしても、
なんだか素直に伝わらないとき
「手紙」にたよります。

けれど、
私も、こんな風に
人をわくわくさせるような、
暖かい気持ちにさせることのできるような
そんな手紙を書きたいなぁ・・・

と思っているところです。

・・・ばあちゃんに手紙でも書こうかな・・・

Nao♪


2010年06月10日

Happy day

6月10日 今日は、家族の誕生日。

朝から わたしは ハイテンションで 起きてきたばかりの当事者を ハグハグ♪

「キミは、この時間は まだ、生まれちゃいないんだよ。」などと、

『あの頃話』をしながらの、朝ごはんタイム♪

本人は、お弁当の残りのおかずを 口に運びながら 嬉しそうに聞いている。

「今日は ぼくの言うこと、何でも聞いてヨ」と さらに弾んで言うから

「今日は、キミを産んだ このママに感謝する日です。」と正解を伝えたら(^v^)b

「オソロシイ~」と 申してました。(^皿^)b               

誕生日おめでとう~♪

ちなみに、今日は 黄門様でお馴染みの 「徳川光圀卿」のお誕生日でもあるらしいです。
あの頃の誕生日のお祝いって どんなだったんでしょう・・
「肩たたき券」って あったのかしら?

当社でも、babyが着々と 生まれてきてますよ,ご紹介しますね ★☆★☆


%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%9C%E3%83%B3.JPG「きゅうりboy」が、1つ

%E3%81%B2%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%9F%E3%82%93%E3%83%99%E3%82%A4%E3%83%93%E3%82%A3.JPG←「ひょうたんbaby」が、15ヶ


あと、ゴウヤ坊が、2つ・・あまりにも小さすぎて カメラがつかまえきれません。(カメラマンの腕は、不問にしてください)
後日、お披露目いたします。       %E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%8B%E3%82%B3.JPG

               U(^x^)Uたがみ(^仝^)

2010年06月15日

コジンジョウホウ

ちょっと,ナットクのいかない週末でした。

子どもの通う中学校で 先日 資源材の回収作業があり 私は出向いていきました。

各家庭から出される古紙や、ペットボトルのキャップなどの 資源材料の仕分けと、校内からの不要プリント類を分別してくくる。という作業です。

何枚もの牛乳パックが きれいにまとめてあったり、手際よく コンポする,ママ達の「職人技」にしばし、見とれたり・・
(一応 主婦と自負してた私の メッキがはがれる瞬間)

自分に出来ることを探して、黙々と 分別してましたら・・・・横で、「うわぁ~」と残念そうな声。

そちらをみると、卒業生から 教師に宛てた「感謝の色紙」が不要なものとして、出されていたんです。
・・・ 一同、シ~ン(--)

「紛れることもあるかもしれないですね。」などと、みんな 心とは裏腹なことを口に出し・・しばし沈黙での作業再開。

そのあとも,「個人情報保護法に抵触しないの?」というたぐいのプリントたちが。

一部?それとも氷山の一角?


途中でイヤになりました。

業者が回収した資源材を べつな業者が入手して、分けのわからないところから、「お宅の○○君の教材はいかがですか?」なんて電話が掛かってくるのかな。と簡単に推測できましたよ。

協力するのが、むなしくなったという哀しい事実。行かなきゃ良かった。ホントに。

会社では、お客様の記名があるものは、すべて、シュレッダーにかけて処分します。


この温度差は何でしょう・・・


お口直しに、最近の青空写真をどうぞ。


%E9%83%A1%E5%8F%B8%E6%A7%98%E9%82%B8%E6%96%B0%E7%AF%89%E5%B7%A5%E4%BA%8B%EF%BC%9B%E7%8F%BE%E5%A0%B4%E5%86%99%E7%9C%9F%20001%2B0.JPG←宮崎市新名爪のG様邸の建築現場~景色は最高です♪


%E5%A4%A7%E6%B2%B3%E5%86%85%E4%B8%80%E5%A4%AB%E6%A7%98%E9%82%B8%E6%96%B0%E7%AF%89%E5%B7%A5%E4%BA%8B%E4%B8%8A%E6%A3%9F%E5%BC%8F%20001%2B0.JPG←先日 上棟式を行いましたO様邸~青空が冴えます。


     U・仝・Uたがみ(・x・)

2010年06月21日

ビバ!デトックス めんそ~れ編

 『梅雨中 お見舞申し上げます。』・・・・・といいたくなるほどの 雨づくしの生活ですね。
こんなに 降ると 土砂災害が心配です。


うるおうくらいの雨ならいいけど・・・行き過ぎは 敬遠されますね,何事も(^口^)


さて、そんなMIYAZAKIに、少し距離を置いて、「沖縄県」に行きました。

仕事でも、レジャーでもなく、今回は 「むすこの応援」でした。


高校生の大会で、今年は 沖縄が会場でしたので 関係者の方と「プチ旅」です。

6位に入賞すると 全国大会出場(今年のインターハイ会場は、沖縄)だったのですが、親孝行な彼は 8位でした(^皿^)%E3%82%8B%E3%81%862010.JPG


雨も降らずに、軽装で行動した結果、沖縄の太陽にやっつけられました。

思いもしなかったところが 焼けて・・・帰宅して3日経つけど まだ熱いです。。。ヒリヒリしてます。

「暑い+蒸す」で 少しは  ウエイトダウンできたかな~?と思って (^v^)
・・・まだ 体重計乗っていません。

こちらも、6位入賞を逃すといけないので・・(何のこっちゃ?) へ(・▽・)へ


さて、目の保養になりましたよ~。

ここから、しばし めんそ~れタイムをお過ごしください。%E3%81%97%E3%83%BC%E3%81%97%E3%83%BC.JPG

のんびりとした風土で育つ 地元の植物達には 目を見張るものがありました。
はっきり言って、私には こちらのほうが魅力でした。

たとえば、この葉っぱ・・・いったい何だとお思いですか?%E6%A1%9C%E8%91%89-1.JPG 「桜」の葉です。とても 大きくて私の手の平の長さは 18cmほどあるのですが、大きさ変わらなかったです!ビックリ!


なんといっても、「ハイビスカス」 色彩豊かに 街並みを飾っていました。多かったのが、この「八重咲」とてもきれいです。%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%93%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%B9-1-1.JPG


%E6%B5%B73-1.JPG

食事で立ち寄った お店からの景色。遠くでマリンスポーツを楽しむ人たちが まぶしかったですねぇ

              %E7%9C%8B%E6%9D%BF.JPG

その、お店の看板です。(笑)
日没まで営業されてるこのお店の お勧めは、タイカレーでした。
                      %E3%81%A1%E3%81%8B%E3%82%8C%E3%83%BC.JPG

また、行きたいです。皆様にお土産を買い忘れたから~・・・って,このくらい 言っとけばいいですか?

          U(^x^)Uたがみ(^仝^)

2010年06月24日

「子育てにやさしい住まいと環境」

皆様、こんにちは(^▽^)

今日は、6月21日(月)の 朝日新聞に掲載されていた『過ごしやすい住まい』の欄に 興味深い箇所がありましたので、抜粋して お伝えします♪

子育て支援ウエブサイト「ミキハウス子育て総研」から、「子育てにやさしい住まいと環境」の認定を受けたAさんとIさんのお宅。
【家を新築したときに、リビングの一角に 高さが60cmほどある“スタディコーナー”を作った。 リビングで家族みんなにかまってもらいながら (子どもたちに)勉強をさせたい。】(Aさん)

Iさんのお宅では、【広々とした木製のダイニングテーブルで宿題をする子どもたちと 食事の準備をしながら その様子を見守ることが多い。常に母親の目が行き届くつくりになっている。】


 ●子育てにやさしい住まいと環境の認定基準(抜粋)●

■キッチンで子どもに手伝いをさせることが出来る広さ・工夫がある。
■子どもがリビング・ダイニングで勉強などをして過ごせる広さがある。
■常に家族の気配が感じられる間取りになっている。
■リビングを通らないと子ども室に行けない間取りになっている。
■将来的にスライドドアなどで間取り変更が可能である。


育児のみにとどまらず 家族のコミュニケーションに おおきく貢献する 間取りについて 人任せにできない(変な話ですが)とても大切なところです。


限られたご予算の中で、あれも,これも・・という希望はどこかで、線引きしなければいけない場合もでてくるかと思います。

優先順位をつけて 形作られていくのですが、だからこそ 真剣に ご家族のことをお聞き取りしています。


これからお住まいつくりを考えていらっしゃる方、進行中の方 一緒に考えさせてくださいね。

※反面、こんなコラムも一緒に、同じ面に掲載されていました。

 日本女子大学・定行まり子教授の話
子どもの動きを見渡せたり、けがをしないようなつくりになっていたりと、基本的な安全性を確保することは重要で、その基準を設けたことは評価できます。  ただ 家のハード面をこう考えたら 子どもがこう育つ。と いちがいに言うことはできないんですね。 家の居心地が良くなくて早く出て行きたい。と子どもが思うこともある。 そのほうが ある意味では自立心が育っていると考えることもできるんです。

・・・・いかがでしょうか。
ライオンの親みたいなこと 出来ない~と一瞬思いましたが、結構してますネ♪ヘヘヘ %E7%99%BD%E7%8A%AC%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%933.bmp


     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆    

今週末、♪2倍楽しむOMソーラーハウス見学会♪を開催します。
OMソーラーハウスが2棟、仲良く並んで建っています。
どちらのお宅も 自然素材をたっぷりと使った内装です。

1.JPG←T様邸


%E5%B0%8F%E5%9F%8E%E6%A7%98%E9%82%B8%E9%A3%BE%E3%82%8A%E7%AA%93.JPG←K様邸


   U(^x^)Uたがみ(^仝^)

2010年06月30日

うひょー(^o^)

わが社屋の西側に 夏に向けて 着々と 準備を進めています「緑のカーテン:プロジェクト!」

ネーミングがかっこいいでしょう。


そのネーミングに応えるように、実りましたー!!


きゅうりくんです。
6.29%E3%81%8D%E3%82%85%E3%81%86%E3%82%8A1

大きさは、コノくらい↓


%E3%81%8D%E3%82%85%E3%81%86%E3%82%8A.JPG


最近の 力強い、雨に打たれて 2日間ほどで グンと おおきくなりました。

緑のカーテンには、まだまだ 伸びてもらわないといけないのですが、収穫が早い(♪?)という喜びに 口が開きっぱなしですyo~ (^▽^)(^■^)


ゴーヤの方は 「雌花が咲き出したら 実るのも早いですよ♪」と宮崎園芸の先生に教えてもらって 追肥しました。

 ●ここで、受け売りコーナーです。●

ゴーヤに与える肥料ですが、科学肥料を撒くと 苦くなるそうです。

油粕が、良い(^v^)とのコトで、 いわれたとおりに 油粕を撒きました。

さぁ、楽しみです。

実りましたら、もちろん もらってくださいね!(気の早いこと)


%E3%81%B2%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%9F%E3%82%93%E5%A9%A6%E4%BA%BA.JPG


写真は 「ひょうたん夫人」と「ひょうたんbaby」です。

hyoutann.JPG

子育てをしてるみたいで 楽しみです。

  U(^x^)Uたがみ(^仝^)

ページの先頭に戻る

Copyright (c) Miyazaki Jyutaku Kensetsu Co.,Ltd. All rights reserved.